仏壇といえば黒檀のキンキラキンで大きいというイメージがあります。そんな仏壇は今では大きなお屋敷か、田舎の大きな部屋にしか見かけなくなりました。なぜならば今では大きくても3LDKくらいの家では昔からある大きくて畳一畳近くある仏壇などとても置けたものではありません。そこで、今の住宅事情に合わせた仏壇が色々と考えられてきています。素材も木材ではなくプラスティックとか、一番奇抜だと思ったものでは革張りとかも見たことがあります。そういうバリエーションを踏まえて、どんな種類があり、どんな大きさが自分たちのライフスタイルに合っているのかと考えることができる時代になりました。それも通販だと家にいたまま仏壇屋の人に気を使うこともなく、押し着せられることもなく選べるのです。

小さくて気軽に選べる仏壇があります

一番小さいものは携帯できる携帯仏壇です。サイズは縦128ミリ横85ミリ厚さ27ミリという文庫本くらいの大きさで、開くと左に御本尊やお経右に戒名などを彫るプレートがあります。次に厨子大きさは12センチから60センチくらいまでいろいろですが、もともとは大切な仏像を入れるものですが近頃ではお位牌を入れている人もいるそうです。変わったところで壁掛け仏壇というものもあります。オシャレなデザインで場所も自由な所に掛けられるものです。大きさは色々ですが絵画感覚で人気があるようです。これならば通販で色々なものが気軽に選べます。色々なデザイナーがそれぞれ工夫を凝らした「これって仏壇?」と思えるものがたくさんあるので探してみると楽しくなるものが多いです。それに合わせた可愛い三具足(ロウソク線香花瓶)やお鈴もたくさんあります。

仏壇らしい仏壇での種類も多様化

やはり仏壇らしいものをと思われる方にも色々な種類があります。マンションなどで家具の上に置けるコンパクト仏壇と呼ばれているものです。仏壇らしいデザインから、モダンなものまで色々です。出窓に置かれている方もいますし、食事の時はダイニングに寝る時は寝室にと暮らしに合わせて移動させておられる方もいます。これは前記のような小さいもののように簡略させたものではなく、ちゃんと御本尊もお位牌も置くことができます。次に従来型の大きさのものも、扉を閉じて仕舞えばモダンな家具のようにしか見えないものが増えてきました。素材も昔ながらのような紫檀や黒檀とかばかりではなく、オークやウォールナッツとかプラスチックでできたSF映画に出てきそうな遊び心の入ったものもあります。もちろん昔ながらものが欲しいと言われる方もおられるでしょう。今まで紹介したのは新しい時代に考えられたものであり、伝統的な美しい仏壇も通販では取り揃えておりますので、ご安心ください。